うすい学園の理念

  • 生徒の可能性を最大限に広げること。
  • 生徒ひとりひとりが自らを律することのできる大人となるための成長に手を貸すこと。
  • 深い考えと広い視野を持ち、他を思いやる心を持つ生徒を育てること。

これが私たちうすい学園の使命だと考えています。

うすい学園には、幼児から高校生まで、各年齢の生徒たちが通っています。うすい学園の全部門のスタッフは、子供たちの伸びようとする力、良くなろうとする力、自立しようとする力を引き出すことを天職と考えています。それが、本人のやる気を喚起し、前向きな力になると考えているからです。知識や解き方を教えれば一時的にできるようになるかもしれません。しかし、それは生徒のわかろうとする前向きな知的意欲をそぐこととなってしまいます。自分自身でわかりたいと思って理解する。何がテーマなのかを考え、自分の手でつかんでそれを表現してみる。この繰り返しだけが、本当の学力をつけていく唯一の方法なのです。
うすい学園は長い伝統の中でこのノウハウを蓄積してきました。その結果のひとつが、中学入試、高校入試・大学入試の合格実績です。

うすい学園 学園長 柴崎龍吾