PISA塾 北浦和校・南浦和校 講座案内

南浦和校新開校

南浦和校・北浦和校地図

「PISA型学力」を育てる6講座

[小5・6]適性検査文系対策

(週1回/90分)1クラス12名ゼミ形式授業

適性検査I・Aに出題される長文の読解問題や、適正III・Cに出題される社会科学系のグラフ分析問題の対策講座です。
環境・福祉・国際問題・少子高齢化などの社会的テーマを扱いながら、論理的思考力、記述力などのPISA型の学力をつけていきます。

[小5・6]適性検査理系対策

(週1回/90分)1クラス12名ゼミ形式授業

適性検査II・Bに出題される算数、理科の問題や適正III・Cに主題される理系問題対策講座です。実際の理科実験を行ったり、図形のセンスを育むためにパズルを解いたり、具体的な思考から、数学的思考を導いていくPISA型の理系の学力をつけていく講座です。

[小4・5・6]大宮国際中等入試英語対策

(週1回/60分)1クラス8名ゼミ形式授業

大宮国際中等教育学校の入試の適性検査Aと集団活動で、英語の入試が導入されます。小学校のグローバル・スタディがベースとなると考えられます。PISA塾では、Listening、Speakingを中心に、適性検査ATと集団活動対策を少人数で行います。

[小4]中等受験対策講座
PISA読解力講座

(週1回/90分)1クラス12名ゼミ形式授業

PISA型学力は、市立浦和中・大宮国際中等などを志望の小学生はもちろん中等受験のない小学生にも役立つ大切な学力です。

中等入試はもちろん、現在、高校・大学入試の主流になりつつある「PISA型読解力」を育てる講座です。小学生ではやらない、うすいオリジナルの楽しい教材を使い、最新の科学分野や社会的テーマの文章や新聞記事、さまざまなタイプのグラフを正確に読み取り、それをわかりやすく表現して伝えるトレーニングを楽しく行います。

[小4]中等受験対策講座

[年長~小3]サイエンスランド

(週1回/120分)グループ授業

科学が好き、「なぜ?」が好きな小学生のための理科実験の講座

不思議な現象に驚いて、どうしてそうなるのかなと考える、予想を立てたら、実験で確かめてみる…。サイエンスランドで、子どもたちが感動する楽しい実験を積み重ねながら、いつのまにか理数的な考え方が身につきます。

[年長〜小6]サイエンスランド

PISA型の学力が中等合格・大学合格を勝ち取った!

小6適性検査対策受講

県立中央中等教育学校合格
(中高一貫クラス在籍)
東京大学理I合格

勉強しているという実感が得られた

Mくん

小学校6年生からずっとうすい学園に通っていました。あんまり自分で参考書を買ってやるタイプではなかったので、先生が指導してくださったことをベースに、自分で調べて広げていくという勉強方法でした。単純にうすいの授業は楽しかったですし、勉強しているという実感が得られました。海外で勉強したり仕事したりできるような人間になりたいと思っていたので、そのためにはいろいろな勉強が必要でしたが高校受験がないため自由な勉強をしていました。勉強は確かにつらいものかもしれませんが、得たものはあまりある財産です。

小6適性検査対策受講

市立四ツ葉中等合格
(中高一貫クラス在籍)
東京外語大学合格

努力することはかっこいいことだと思った

Mさん

四ツ葉中等が開校されると聞いて、第1期生になろうと思いました。1年目は倍率が高いと予想されていたので、適性検査対策を1年間受講しました。今までの勉強とは全く違うので、とても面白かったです。中学生になって成績が落ちたとき、ターニングポイントになったのは1年間アメリカのテキサス州へ留学したことです。プライドはずたずたに引き裂かれて、「努力しなくてはいけない」と、努力することはかっこいいことだと思いました。初代生徒会長もやりました。どんな学校、生徒会になるか分からないけど自分で作ってみようと思いました。強制されてやったりするのではなく、自分で選んだからこそがんばれました。

小6適性検査対策受講

県立中央中等合格
(中高一貫クラス在籍)
群馬大学医学部医学科合格

仲間のいろんな考えが聞けて楽しかった

Gくん

小学校3年生からうすい学園に通っています。小学校のときのPISAの授業は仲間のいろんな考えが聞けて楽しかったです。最初の夢は教師だったのですが、職場体験をきっかけに、高1の始めくらいから医学部を本気で目指すようになりました。前期生(中3)の時は学年で60番くらいでちょうど平均でした。そのころは地道にみんなについていく感じでしたが、中3生の後期から高校数学が始まって、数学が好きだったので一回偶然で10位が取れて、あと少しで一桁が見えてきてがんばりました。難しくなったからこそ勉強し続けたことで、成績がどんどん上がっていきました。

小6適性検査対策受講

県立中央中等合格
(中高一貫クラス在籍)
群馬大学医学部医学科合格

中等入試の特色やくせを知った

Iくん

中等受験は小6から意識をし始め、うすいに入塾しました。どんな答案を書けばいいのか、どのくらいのスピードで問題を解けばいいのかなど、いろんなことを講座の中で学びました。小6というまだ幼い時期の入試なので、中等入試の特色やくせ、答案の書き方などを教えてもらえるのはとても役立ちました。医学部を目指したのは小学生の時からで、中高一貫校生であることが、長所でもあり短所でもありました。3年生の段階で高校課程に入ることで、他の高校よりもリードできますが、高校受験を乗り越えた他の高校生は馬力が違います。中等生はとにかく中だるみをしないことが大切です。