最新情報

 中3 夏期講習

【講習のお申込はこちらから→】


■前期入試学力検査対策・後期入試対策

入試ニガテ克服講習

●日程:7月27日(金)~31日(火)*29日は休み
●時間:午前9:30~午後3:35
●会場:うすい学園全校
●受講料:22,000円(+消費税)

上部写真7
前期の学力検査問題や、後期入試のニガテになりやすい単元を中心に学習していく。これらの単元を得点源にして、合格への基礎点を積み上げていこう

【講習のお申込はこちらから→】

 


■後期入試対策

入試実戦力講習

●日程:8月1日(水)~8月9日(木)
*8月5日(日)は休み
●時間:午前9:30~午後3:35
●会場:うすい学園全校
●受講料:39,000円(+消費税)

群馬入試は他県にはない特徴がある!

①高得点が取りにくい
グラフの通り、各教科80点以上が取りにくい入試だ。それは、PISA型問題や記述が多いことが原因だ。

②問題文が長い
国語、英語、社会、理科はA4版7ページと、どの教科も問題文や設問が長い。速くしっかり読み、的確にこたえる必要がある。一問一答の知識や、教科書の丸暗記では対応が難しい新入試の典型だ。

③中3 2・3学期範囲の出題が多い
数学の「相似」「三平方」、理科の「天体」、社会の「公民・経済」など、中3の2・3学期で習う範囲の出題が多いのが、群馬入試の特徴だ。夏休みに3年1学期範囲を入試レベルまで高めておかないと、難度の高い中3の2・3学期範囲に立ち向かえない。群馬入試で合格を勝ち取るためには、夏休みに今までの学習範囲を入試レベルまで、高めておくことが必須だ。実戦力講習では、群馬県の後期入試に出やすい単元を集中的に学習し、合格答案を書く力をつけていく。

【講習のお申込はこちらから→】

 


■前期入試総合問題対策・後期入試記述力対策

入試記述講習

教室により日程が異なります。詳しくはこちらをご確認ください

無題2
トップ高校の前期入試総合問題に頻出のPISA型記述問題や、後期入試の記述問題に対応していく講座。総合問題対策・記述対策はこの講座から始めよう。群馬入試で高得点を狙うには、記述力をつけることが欠かせません。

【第一志望校がトップ高校なら】
記述問題・読解分析・総合問題が合否の分かれ目→前期入試に向けて総合問題対策を行います

【第一志望校が準トップ~中堅高校なら】
合否ポイントは英数国の各プラス10点と、理社記述の得点率を上げること→前期入試の学力検査記述問題対策を行います

【講習のお申込はこちらから→】

 


■29年目に突入!本番に強い受験生になる!

夏期合宿

●日程:8月12日(日)~16日(木) 長野県 志賀高原にて
●受講料:89,000円(+消費税)

テーマは「自分を変える」受験生意識への変革はこの合宿から!

合宿に参加したことで、あなたの受験意識は変わったか?というアンケート結果は「とても変わったが93.9%」。29年目に突入したうすいの夏期合宿で、本番に強い受験生になる!

合宿で頑張った生徒は、それ以降も勉強時間が増えていっています!

 

【講習のお申込はこちらから→】

(更新日: 2018/5/26 19:11:38)