最新情報

 【先輩からのメッセージ】

うすい学園の後輩のために、毎年数多くの高校生・大学生リーダーが合宿に参加しています。
勉強面だけでなく、精神面も支えるリーダー達より、中学生へのメッセージを預かっています。

先輩からのメッセージ


■中学当時の私にとって高校生リーダーは賢く、大人で、憧れですらありました。
そして自分もリーダーとして合宿に参加し、その役割も受験同様、簡単なものではありませんでした。
どうにすれば中学生のやる気を出せるか、どうに緊張を解こうかと思いを巡らせました。
2年目にはリーダー長としての役割を頂き、合宿全体を成功させる責任すら持っているという思いで合宿に参加しました。
今でももう少し上手く出来たのかと疑問も残りますが、自分が教えた生徒が後輩として高高に入学して挨拶に来てくれると本当にやってよかったと、その瞬間に合宿の成功を感じています。
うすいの夏期合宿は勉強だけでなく、人との関わりを通して受験生となる場だと思っています。

 

■皆の成長ぶりは、本当に目に見えて分かるほどでした。
特別な環境で勉強するからこそ、いつも以上に集中することができ、さらに特別な仲間と共に勉強するからこそ、
いつも以上に上に手を伸ばして全力で頑張ることができたのだと思います。
受験のスタートをやっと切ることができた彼らを、私たちリーダーは最後の最後まで全力で支えていきます!

 

■合宿を迎え、生徒たちの表情は初日とは全く異なるものでした。
一人ひとりが受験というものに対してはっきりと意識し、自分なりに目標をたて、それに向かって頑張っている姿がうかがえました。
生徒たちが、この合宿で得たものは学力だけではなく、良きライバル、そして自分への決意だと思います。
合宿後もこの気持ちを忘れず、第一志望校合格を心から願っています。

 

■それぞれ表現の方法が違っても、「自分を変えたい」という一心で合宿に参加した生徒たち。
その想いに応えるために、私たちリーダーは生徒と一緒に合宿を盛り上げてきました。
始まりがあるものには必ず終わりが来ます。合宿は彼らのフィールドでそれぞれの夢に挑戦する始まりです。きっと高い壁が彼らの前に立ちはだかるでしょう。
ですが、この合宿で得たものがあれば、必ずその壁は乗り越えられます。
得たもの、それは勇気・努力する姿勢・そして共に闘った仲間。これらを大切にして、これからの学校生活に活かしてほしいです。

 

■ 初日の部屋には緊張感が溢れていましたが、皆すぐに打ち解け合い、閉講式では合宿で出会ったよきライバルと志望校での再会を約束し、
一時の別れに涙する生徒もいて、この合宿のよさ、重要性を改めて感じました。 閉講式で交わされたそのすべての約束が守られることを願っています。

(更新日: 2016/6/4 10:43:17)